スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年09月30日

SR-25 ボルトキャリアーの比較

加工受付開始となったSR-25ガスブローバックモデル、独特の大きなリコイルを生み出す大型のボルトキャリアーを通常のM16系のボルトキャリアーと比べてみました。

手前が通常のサンプロジェクト社M16シリーズのボルトキャリア、後ろ側がSR-25のボルトキャリア。
全体のサイズが7.62x51mmを送り出すボルトキャリアのように、大幅にボアアップしています。


後ろ側からの比較。ボルトキャリアの厚みもM16系より更に分厚くなっています。


横側からの比較。全長がかなり長くなり、全体的にがっしりとしたフォルムです。


チャージングハンドルを引いた際のストロークも長く、マグローディングや再装填の動作もよりリアリティ感があります。  


Posted by なお escort  at 00:27SR-25

2009年09月29日

SR-25ガスブローバックセミオートライフル

エスコート社より、ガスブローバックセミオートライフルシリーズの1作目SVDドラグノフから3年ぶりとなる2作目となるモデル、SR-25ガスブローバックモデルが登場致しました。


AR-10シリーズの流れを汲み、7.62x51mmの高精度セミオートライフルとしてナイツアーマメント社より登場したSR-25。
今回のSR-25ガスブローバックモデルは大型ボルトキャリア、マルイホップ仕様により、独特の迫力あるリコイルと高精度な弾道、射程距離を実現しました。






M16、M4系とは一風違う迫力を持ち、大型のボルトキャリーが生み出すリコイルや作動音はリアリティ感溢れるセミオートスナイパーライフルとして、ロングレンジシューティングやゲームにも活躍できます。




SR-25シュートムービー



SR-25ガスブローバックモデルについての詳しい内容はエスコート社ホームページ、SR-25の項目をご参照下さい。
  


Posted by なお escort  at 00:33SR-25

2009年09月26日

ESシューティング各マッチステージ概要

ESシューティングマッチの各ステージ概要がエスコート社ホームページに記載されていますので参加される方はご確認下さい。

アウトドアシューティングステージの概要。
ゲームフィールドエリアを使用した大変動きのあるライフルシューティングとなります。
また、ライフルのスウィッチ、マガジンチェンジ、ハンドガンの切り替えといった、ライフルに関するテクニックとガンハンドリングのスキルが要求されます。


インドアタクティカルシューティングステージの概要。
インドア施設を使ってのハンドガンシューティング。各種シューティングテクニック、インドア時における素早いステップワークが要求されます。


スピードシュートステージの概要。
シューティングレンジを使った5つのプレートターゲットをファストドロウで撃つベーシックスタイルのスピードシュート。
基本的なハンドガンの扱いから、素早いドロウのテクニックといったシューティングで必要なスキルが磨けます。



~アウトドアシューティングの風景~
右手にあるターゲットを二つ倒してすぐにスタートダッシュ。


建物制圧後、ライフルを素早く持ち替えて次のターゲットにシュート。


スタート位置がゴール位置を兼ねているのでそこまで一気に走って戻る途中にもターゲットが潜んでいます。


全てのターゲットをクリアし、ゴール位置までダッシュ。
いかに無駄な動きを無くしてターゲットを素早く倒していくのがポイントとなります。
  


Posted by なお escort  at 02:38ゲームフィールド バンガード

2009年09月23日

9月27日第1回ESシューティングマッチのお知らせ

今週の9月27日日曜日に第1回ESシューティングマッチを実施致します。
スピードシュート、インドアタクティカル、アウトドアシューティングといった様々なシューティングマッチとなります。
ESシューティングマッチを通して、基本的なファストドロウから、ガンチェンジ、リロード、スイッチング等といったタクティカルスキル、ガンファイトスキルの練習、習得も可能です。

詳しい内容は下記のESシューティングマッチの概要、又はエスコート社ホームページを閲覧してみて下さい。



また当日が雨天の場合は、シューティングレンジを使っての対戦形式のスピードシュートを行います。
皆様の参加をお待ちしております。  


Posted by なお escort  at 23:39ゲームフィールド バンガード

2009年09月22日

9月20日交流参加デイゲーム その2

前日のゲーム紹介の続きとなります。

観戦櫓から見た中央から奥への通路。程よい見通しになっています。


建物を使った立て篭もりゲーム、制圧側のスタート地点。どちら周りで行くか作戦会議中。


塹壕方面では警戒しつつ小隊が前進中。
立て篭もりゲームでは立て篭もっている部隊がどこにいるか知らされていません。
各建物を確実にクリアをしていかないと、突然狙撃や十字砲火を浴びることも。


スコーピオンを片手に軽快に建物外側に張り付き、周りの様子を伺う女性ゲーマー。


中央付近にある建物C3の壁面に絡みつく茂み。このどこかに一人潜んでいます。


これから涼しくなりゲームに最適な秋の季節、10月、11月のゲームもとても楽しみです。  


Posted by なお escort  at 23:36交流参加デイゲーム

2009年09月21日

9月20日交流参加デイゲーム

9月20日日曜日の交流参加デイゲームはチーム24様の方々がホストチームを務めて頂き、30名から40名近くの人達が集まりとても賑わいがあり大変楽しいゲームとなりました。参加させて頂き有難う御座いました。

通常のフラッグゲームから、スタート位置を反転させてのゲームや建物を使ったシチュエーションゲームといった様々なゲームを行い、建物の制圧やスタート位置反転による新たなの戦術や作戦を立てたりと通常のゲームでは味わえない緊張感や楽しさがあり、とても充実した1日のゲームでした。

ゲーム開始前のフィールド入り口前。準備を終えた人達が続々と集まっています。


フィールド入り口も沢山の人達が行き来しています。


フィールド内は程よい茂みや枯れ草が増え、夏場には無かったアンブッシュポイント等が増えています。


建物内で警戒するスナイパーとライフルマンのバディと戦場カメラマン。


マルチカム迷彩と旧陸自迷彩。どちらとも風景に溶け込み、カバーをしながら進軍中。


休憩中のセフティエリアでは様々なカスタムガンや装備、迷彩服が見られ、とても興味深々でした。
次回も今回のゲームを紹介して行きたいと思います。  


Posted by なお escort  at 21:02交流参加デイゲーム

2009年09月14日

9月13日交流参加デイゲーム

8月の暑い夏のシーズンも終わり残暑がまだ残る季節ですが、ゲームフィールド内は大分涼しくなってきました。
13日日曜日の交流参加デイゲーム、この日のホストチームはチームWYVERN様の方々でした。
参加させていただき有難う御座いました。

今回のゲーム参加人数は30名を越えたゲームとなりました。フィールドは8月のジャングルのような茂みとうって変わって、ところどころ茂みが枯れて本来あった道が姿を見せたり、夏の期間とはまた違ったフィールドとなっていました。枯れ草と元気の良い草が所々あり、マルチカム迷彩や陸自迷彩は相当な効果がありました。

フィールド入り口前にある銃器達。休憩が終わったらすぐゲームに出れるように木陰の入り口前に置いていたりします。


試射レンジではゲーム終了後の休憩時間に使用します。
ACU迷彩の若い米陸軍歩兵が試射をしている所、隣の木陰で米軍に協力的なゲリラ兵が楽しそうに見守っています。


デザート迷彩のレンジャー隊員が前方を警戒しつつ、手振り身振りで目標物を示す協力的な民間地元ゲリラ兵。


フィールド入り口からセフティエリアに帰還してくる部隊。落ち葉が落ちていたりと秋の到来を感じます。


段々とゲーム日和の季節になるのを実感しつつ、多人数のゲームは戦術やチームプレイをこなしていく連帯感がとても楽しいゲームとなりました。これからの季節はどんどんゲームをして行きたいですね。
  


Posted by なお escort  at 23:54交流参加デイゲーム

2009年09月11日

サンプロジェクトM16シリーズ用カスタムパーツ

サンプロジェクト社M16シリーズのリコイルを大幅にアップするヘビーウェイトリコイルボルトの受注生産が始りました。


一見ノーマルのリコイルボルトに見えますが、通常のノーマルリコイルボルトの重量が約80グラムに対してヘビーウェイトリコイルボルトは何と170グラムです。

左がヘビーウェイト、右がノーマルです。


こちらがノーマルリコイルボルトの重量。約80グラムです。


ヘビーウェイトリコイルボルトの重量。何と約170グラムです。


この重量のおかげでより激しいリコイルと作動音、そして重量増加のおかげにより閉鎖不良の解消、初速の底上げといったエンジン部分の作動安定も促してくれます。

詳しい内容についてはエスコート社ホームページ内のM16シリーズの項目をご参照下さい。  


Posted by なお escort  at 01:29M16カスタムシリーズ

2009年09月06日

第1回ESシューティングマッチのお知らせ

ゲームフィールドバンガードにて、9月27日日曜日に第1回ESシューティングマッチを実施する予定です。
8月のプレシューティングでは雨天の為中止となりましたが、今回は雨天時でも実施可能な競技も織り組んでおります。

シューティングマッチでは一番の基本でもあるファストドロウのコースから、バンガード内のインドア、セーフティエリア等の様々な建物や施設を使用したプレートターゲット、シチュエーションシューティング、タクティカル&コンバットシューティングコース等を予定しています。

詳しい内容、コースセッティング等は追々、エスコート社ホームページや当ブログでお知らせ致しますので宜しくお願い致します。





  


Posted by なお escort  at 23:17ゲームフィールド バンガード

2009年09月01日

バレル&パッキンクリーニング

M16パッキンに続き、バレルとパッキンのクリーニングについて紹介致します。

通常、バレルクリーニングはクリーニングロッドにティッシュ等を巻きつけて、バレルとホップパッキンの汚れを落とします。
ここで大切なのはパーツクリーナーを使うか使わないかで大きく変わっていきます。

パーツクリーナーを使用すると汚れがあっという間に落ちますが、パッキンの必要なオイル分も落としてしまいます。
必要なオイル分が無い状態で保管、使用をしていると、主にフルオート時にパッキンが過剰な抵抗となり弾詰まり、2重給弾等といったトラブルを招く原因にもなります。
電動ガンの説明書内に、弾詰まり現象等が起きたらチャンバーからシリコンオイルを吹きつけるのもこの理由の一つです。
また、パッキンも劣化が早くなってしまいすぐに擦れたり、千切れやすくなる場合もあります。

ここでパーツクリーナーでオイル分を完全に落としたパッキンにシリコンオイルを一吹きしてみます。

一吹きしてみると、しゅわしゅわとパッキンに浸透しながら、過剰なオイルは流れて行きます。


オイルを全体に塗り込むと、表面が新品のパッキンのような半ツヤの光沢になります。
パーツクリーナーでオイルを落とした状態だと、ツヤ消しの光沢に、オイルが過剰だとツヤ有りの光沢になります。
半ツヤの光沢がパッキンにとって一番ベストな状態となります。


パーツクリーナーを使用した時、長期間バレル、パッキンのクリーニングをしていない物についてはオイル分が無い状態になっていますので注意して下さい。

しかしながら、頑固なグリースの汚れや金属やBB弾の削り粉が入り込んでいる場合はパーツクリーナーを使うのが一番でもあります。

その後に、しっかりオイルメンテナンスをしてあげることを忘れないようにすれば、常にベストな弾道を維持できます。

以下は通常時のバレルクリーニングです。

ゲームにて使用した後のM60のバレルアッセンブリーです。


クリーニングロッドで掃除中、バレルの先端、角が出ている機種等で角部分に当てながらしているとバレルが微妙にずれたり、クリーニングロッドが角の部分で変に削れたりする場合があるので注意して下さい。


ロッドで汚れを落としたら目視でバレル内をチェック。
明かりの方に向いてバレル内を見ると、まだ汚れがあるかどうかがすぐ分かり、傷が付いてしまっている部分もチェックできます。


最後にパッキン類にシリコンを一吹き。綿棒や筆に染み込ませて塗布するとオイルが適量に細かく塗り込めます。


バレル、パッキンのクリーニングでは、汚れとホップパッキンへのオイルの付き具合がポイントとなります。
細かく行えば行う分、ベストな状態を維持でき、弾詰まり等のトラブルの回避にも繋がります。  


Posted by なお escort  at 00:32その他

< 2009年09>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール
なお escort
なお escort
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人