スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年07月10日

サンプロジェクトM40シリーズ

M40シリーズのラインナップと現行型モデルの紹介です。

サンプロジェクトM40シリーズは90年代に販売され、様々なバリエーションモデル等がリリースされました。



下記一覧表はリリースされた代表的な物です。

~旧型モデル一覧~
(流通在庫のみ)
M700・・・チューブマガジン、固定ホップ、旧型トリガー、実物樹脂ストック、木製ストック
M40A1(旧)・・・メタルマガジン、旧型トリガー、固定ホップ、木製ストック、サムホール仕様木製ストック
M40XB(旧)・・・メタルマガジン、ボアアップシリンダー、固定ホップ、マガジン位置はA1より前方、木製ストック

~新型モデル一覧~
(流通在庫のみ)
M40A1(新)・・・メタルマガジン、新型トリガー、可変ホップ、木製ストック
M40XB(新)・・・メタルマガジン、ボアアップシリンダー、新型トリガー、可変ホップ、マガジン位置は旧型と同様

~2014年現在の現行型モデル一覧~
(受注生産)
M40A1(現行型モデル)・・・改良型メタルマガジン、新型トリガー、可変ホップ、木製ストック、ホールドリブ付パッキン


~旧型モデルと新型モデルの違いについて~


L字型シアーを用いたシンプルなトリガー機構とOリング固定ホップ形式の旧型モデルと、
レスト状態ではトリガーが後方に待機、コッキングするとトリガーが前方に動いてシアーがかかる実銃M700系のトリガーメカニズムを意図した機構と可変ホップ搭載の現行型モデルの違いをHPに記載しております。
M40シリーズの新旧の比較やお手持ちの機種の検証にご参照下さい。

http://www.h5.dion.ne.jp/~escort/

また2014年現行型モデルではメタルマガジンのフォロアー部分の改良といった細かな改修も行われております。





  


Posted by なお escort  at 21:46M40シリーズ

2012年12月28日

M40A1、M40XB DX ボルトリリースアクション

サンプロジェクト製M40A1、M40XB DXのボルトアッセンブリーを実物同様の動作で取り出す事が可能なボルトリリースシステムについての紹介です。


トリガーガード内に新設されたボルトリリースボタンを押しながらボルトを引き出す事が出来、ストックを取り付けた状態で容易にボルトアッセンブリーのメンテナンスが行えます。
またレシーバー後部からチャンバー、バレルのチェックやボアサイティングでの光学機器の調整も可能です。



現在お手持ちのM40シリーズへのボルトリリースカスタムを初回30セット特別価格でのカスタムを受付けております。
詳しくはエスコートホームページをご参照下さい。

  


Posted by なお escort  at 22:51M40シリーズ

2012年04月09日

M40A1、M40XB DXクイックテイクダウン

サンプロジェクト製M40A1、M40XB DX(新旧両用)のレシーバー、ストックの分離を簡単に行なえる「クイックテイクダウンシステム」の紹介です。


エアソフトガンにおけるボルトアクションライフルはアウター基部付近、もしくはレシーバー中部とレシーバー後部の2点でストックを固定していますが、分解調整等で頻繁に取り外しを行なっていると、次第にレシーバー後部のネジ穴が駄目になってしまったり、ストックベティング時のねじれや歪みが出てしまうケースが使用歴が長い程、多々見受けられます。またボルトアクションライフルを長年使用し実際に体験している方も多いかと思います。

このクイックテイクダウンカスタムでは、実銃におけるM700やM40の構造概念を加えて、トリガーメカフレームの追加等を施し、アウターバレル近くの基部1点とするシンプルな固定方式により、レシーバー後部のネジ穴の痛みやストックベティング時の歪みを一挙に解消しています。

ストックとレシーバー分割時はアサルトライフル用ガンケースにも収納が出来ますので持ち運びも楽に行えます。



このクイックテイクダウンカスタムの他にもM40A1&M40XB DX(旧型)に「リアルトリガーコッキングシステム」を搭載するクイックレスポンストリガーのカスタムも受付けております。

詳しくはエスコートホームページをご参照下さい。  


Posted by なお escort  at 23:50M40シリーズ

2012年02月05日

M40A1&M40XB DX リアルトリガーコッキングシステム

サンプロジェクト製M40A1&M40XB DXモデルに搭載されているトリガーシステムについての紹介です。


現行ロットのモデルにはこのトリガーシステムが組み込まれており、実際のM700シリーズやM40シリーズと同様に、トリガーが後方のオフセット位置から前方の射撃待機位置まで起き上がる様になっています。


既存のシアーシステムによるハンドガンのトリガーの様なダブルアクションのように射撃後、トリガーがすぐ前方に戻るという事が無いので、人差し指に違和感を感じる事無くトリガーを引く事が可能です。
またトリガードライブやトリガーウェイトといったトリガープルのセッティングも好みに合わせて行えます。


  


Posted by なお escort  at 21:36M40シリーズ

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
なお escort
なお escort
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人